目覚めれば川のほとり

葉山でゆったりまったりライフ

今日もたくさんのありがとう

昨日ツイてなかった話をしましたが、今日はツイていた話を。

 

数日太陽を隠していた厚い雲がさーっと引いて、じりじりと焼けつくような陽射しと青空が眩しかった今日の葉山。

姪と甥を迎えに昨晩から妹も来ており、母も加えてみんなで出かけました。

とはいえ、夏休み+土曜日。近場でリラックスがいちばん、ということでまたも南郷上ノ山公園、そしてお昼は葉山ステーションへ。

山のうえの公園で心地いい風に吹かれながらのんびり夏の空を眺める。ゆうべは妹と酒盛りで3時間くらいしか寝てないのに、身体は意外と重くない。緑に癒されたのも大きかったろうなあと思います。

公園と目と鼻のさきの葉山ステーション。さすがに賑わってましたが、運よく食事できるスペースで席を確保できました。

先日食べておいしかった『ブラウンスイーツ』の釜揚げしらすトロ丼を本日もオーダー。これ、ほんとうにおいしいんですよ。こどもたちもすごく喜んで食べてくれます。甥なんてふだんあまり食べないのに、このどんぶりはぺろりと平らげてしまう。今日初めて食べた妹も、おいしそうに顔をほころばせていました。

今日も口いっぱいにほおばりながら満足げなこどもたちに、妹に、そしてみんなといられるのがうれしそうな母の様子に、わたしもうれしくなる。これだけでほんとうにしあわせです。

 

お昼を食べたあと、いつものように野菜などを買おうといろいろ見て回ってると、母が特大のスイカを見つけました。

直径50センチはあろうかという、おっきなスイカ!

母はスイカがだいすきで、夏は毎日でも食べたいひとなのですが、今年スーパーで売られてるのはけっこう高いみたいで。でも今日葉山ステーションで売られていたのは、50センチもあるほどおおきなスイカなのに、なんと丸々いっこ930円!

たぶんこの辺りのふつうのスーパーで買おうと思ったら2000円くらいするんじゃないでしょうか。

丸々としたおいしそうなナスと、スイカ、あととってもかわいい切花を買って、いい買いものができたなあとみんな大満足でした。

 

夜、そのスイカを切ってみました。あんまり大きいのでなかはすかすかなんじゃないかと思いきや、真ん中までみっしり。瑞々しく、濃い綺麗な赤色で、見事に食べごろ。

ご近所に漁師さんがいて、しょっちゅう獲れたての魚介類をいただくので、母は4分の1をおすそ分けにもっていったのですが、手に袋を提げて帰ってきて。

「サザエもらったよ」

えーーーーーーーーーーーーー!

見れば立派なサザエがなんと10個も!

 

妹たちにも分けて、スイカやサザエなどのおみやげをもって、妹たちは帰っていきました。

こどもたちは見えなくなるまで、名残惜しそうにずーっとこっちを見て手を振ってくれる。変らないなあと思う。さみしいけど、またすぐ会えるからね。

 

体験しているそのときもそうだったけど、いまそのときを振返ってみても、やっぱり喜びが込上げてきます。

今日もいい一日だった。しあわせ。

 

もしかしたら、と思う。

昨日、ツイてないなあと思ったとき、ツイてないっていうきもちをそのまま残してたら、今日の幸福感はもっとぼんやりとあいまいなものだったのかも。

あのままがっかりしたまんまだったら、もしくは「もっと前向きに捉えなきゃ」なんて考えてむりやりがっかりをどこかに追いやろうとしていたら、

いまのしあわせは、またちがう色を見せていたのかもしれないなあ。

それもそれでしあわせでしょうね。

 

でも、気分はその瞬間瞬間で変るし、じぶんでも変えられますからね。

昨日と今日の記事を見ればわかるように、わたしってすごく単純で、こんなことでと思うようなちいさなことでがっかりできるし、舞上がるくらい喜べるんです。

些細なことで一喜一憂できる。「憂」になってもその時間はいまではほんと短くなって、「喜」の大きさと長さは格段に増えましたけど。

「喜」でいる瞬間はじぶんで増やすことができる。「すべては最善」が念頭にあると、自然とそうなるのかなと思います。

「すべては最善」「ありのままで完全」と思ってると、だいたいの時間、気分はゆったりしてるし、平和。

そうすると、

 

予報では雨で外出はできないかななんて思っていたらすっきり晴れてくれたり 

満車の駐車場でタイミングよく目のまえの車が出ていったり

混雑している食事スペースで席を探していたらちょうどひとつだけテーブルが空いたり

だいすきなスイカがおおきくて食べごろなのを安く手に入れることができたり

そのスイカの4分の1がサザエになったりするんです。

 

ここに挙げたことって、捉え方によってはたいしたことじゃないかもしれませんね。

でもわたしにとっては「ツイてる」ことで、とっても感謝なことで、やっぱり今日も空に向かって、ありがとう!って叫びたくなること。

忘れちゃいけない、じぶんの胸の奥深くにも。ありがとう。

 

 

 

今日はおいしいお刺身が食べたいなと思っていたら、新鮮そうなきれいな身のイサキが一匹分でとても安く売られていて、さらにタイムセールでそこから半額の400円くらいで買えたり、

暑くて寝苦しいと思っていたら、窓からふわっと風が入って火照った肌を優しく撫でてくれたり、

空のほとんどが雲に覆われた夜空の、わずかな隙間から見える星がうれしくて「ありがとう」って呟いたら、さぁっと雲が溶けて流れて、一気に星空が頭上に広がったり。

 

そんなことがいくつも起こる。

わたしには、どれも奇跡みたいに思える。

でも究極は、いまここにこうして生きてることが、奇跡みたいなこと。

 

だから今日も、たくさんたくさんありがとう。

みなさんにも心から、ありがとうございます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 三浦郡葉山町情報へ